top of page
検索
  • 執筆者の写真MAISON INCO

ビュッフェケータリング

3月末に、大阪はびきの観光局のプロジェクトの料理を担当させていだきました。


今回は河内ワインを会場に大阪産の食材を使ったビュッフェ形式のお料理とワインを沢山の方にお召し上がりいただきました。


南河内産のお野菜、マンノ精肉店さんにご用意していただいたお肉をふんだんに使いました。


少しスピーチもさせていただき、今回このプロジェクトの感想についてお話しました。5分ほどしゃべったとおもいますが、僕の中で1番印象に残った出来事を。

前回は海外の方にコース料理とワインのマリアージュを楽しんでいただき、その場で感想を聞かせてもらった中で、凄く刺さったのが、「洗練された料理でした」というお言葉。

器と料理の組み合わせ。

メゾンインコが意識していることはプリミティブ

この羽曳野の地で料理を作りお店をするテーマとして、

landscape/escape

この2点がばっちりハマったと手応えを感じるとてもとても良い機会をいただきました。

多くの方にこの地を訪れていただけるよう頑張ります。




閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page